無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
春のクイズ(節分1)
「頭が良くなる」
「体が喜ぶ」
「心が豊かになる」
「元気に山に登れる」 これらを満たす食べ物は何でしょう?


頭、喜、豊、登 の4文字すべてに「豆」の字が入っています!

「豆」は頭に良いとされるレシチンをはじめ、健康なからづくりにかかせない良質タンパク質、骨や歯に大切なカルシウムなどを含むすばらしい食べ物です。


お正月には、「黒豆、ごまめ」をいただきますが、豆には「マメ」すなわち「勤勉」の意味があるからでしたね〜。

立春の前日には、一年の無病息災を願って豆をまく「節分」の行事がありますが、日本の文化と「豆」とは密接な関わりがありますね。

納豆、豆腐、味噌、醤油・・・伝統のある大豆食品を摂ると、マメで元気に長生きのもと!って感じがしませんか?!


(管理栄養士  T.K)

| ghkenkouser | 季節(秋) | comments(2) | trackbacks(0) |
「紅葉」
「紅葉」を「もみじ」とも読みます。
現在、秋に赤く紅葉したもみじは、ほぼ「イロハモミジ」のことで、その名前の由来は「いろはにほへと」に。
もみじの葉には七つの切れ込みが入っていますが、「いろはにほへと」の字数=7文字をかけて、「イロハモミジ」と呼ばれるようになったそうです。

春の花見弁当を「弁当始め」、紅葉狩りの弁当を「弁当仕舞い」という地方があります。「終い」と思うと、少し寂しくなりますが、春のにぎやかなお弁当にも引けをとらず、旬の食材が満載の時期です。

食物繊維たっぷりのきのこやイモ類、ビタミンの豊富な柿や無花果、梨やぶどう。秋刀魚や鮭もおいしくなってきました。栄養価の高い栗やぎんなんはたくさん召し上がりましたか?(←今月が食べ収めです。)
ちょうど冬の食材がおいしくなり始める時期でもあります。

お弁当箱に、旬の食材をたくさん詰めて、紅葉狩りをたのしんでみましょう。
そして、たくさんおいしいものを頂いた後は、紅葉を観賞しながらウォーキングで消費してあげることもお忘れなく!

(管理栄養士  T.K)
JUGEMテーマ:家庭


| ghkenko | 季節(秋) | comments(0) | trackbacks(0) |
香り松茸 味シメジ
松茸ご飯、きのこご飯がおいしい季節になりました。
香り、歯ごたえ、舌ざわり、うま味などを楽しむことのできる「きのこ」といえば、「秋」を感じます。

『香り松茸 味シメジ』というように、日本人は「松茸の香り」を好みますが、ヨーロッパの人はこの香り、「靴下の臭い」とか「カビ臭い」とお好みではないそうです。
 
「味シメジ」というのは、シメジの俗称で流通している平茸や、ホンシメジの俗称で流通しているブナシメジのことではなく、本物の「ホンシメジ」のことです。
残念ながら、ホンシメジは、希少で高級なきのこで、一般にはまず出回ることのないきのこなので、本当のホンシメジを味わったことのある人も稀・・・「味シメジ」もどれだけのものか・・・。
価格は日本産マツタケの数倍というから、人工栽培のホンシメジでも味わえる日がくると良いです・・・。


近年では、栽培技術が発達していて、通年を通して人工栽培のキノコが多種流通していますね。
私も通年を通してキノコは乱用ぎみですが(^^;)、10月に入って「茸づくしご飯」を作りました。
(4人分位)  米 3カップ
しめじ茸 1パック
椎茸 2枚
えのき茸 1/2束
舞茸 1/2パック(色が悪くなりますが・・・)
人参 適宜(彩りに1/2本位入れちゃいます)
鶏もも肉 60g
だし汁 3カップ
酒 大さじ1米

キノコに多い食物繊維は、腸内で塩分やコレステロールを吸着して 体外へ排出させる働きがあります。肥満、高血圧、動脈硬化など生活習慣病の予防にも役立ちますね。

(管理栄養士  T.K)
| ghkenko | 季節(秋) | comments(0) | trackbacks(0) |
行楽弁当
ある調査での「秋の行楽弁当」でよく作るメニュー・おかずは、「おにぎり」が断然トップでした。なんともベーシック。そしておかずも、定番の「卵焼き」「鶏のからあげ」「ウインナー」「煮物」でした。

先日、とある番組で3色おにぎりを作っている○○ダディーを観ました。
3種類の小さなおにぎりを作り、いろんな味が楽しめるんだ〜と思っていたら、なんと、それら3つを一つの三角おにぎりにされていました。食べる向きによって、違った味が楽しめる、なんとも嬉しいおにぎりです。大人でも楽しめそうでした。
定番のものでも、一工夫すれば良いんだ!ってことですね。

そこで、「卵焼き」について。
定番では、ほうれん草や、万能葱、ひじき、枝豆、えびやホタテなどなど。
洋風にするなら、ハムやチーズ、トマト、きのこなど。
中華風に、オイスターソース。
ふんわりしあげるのに、長芋。
ちょっと渋く、とろろ昆布などなど。

 気温によっては、入れられる内容はちょっと変わってきますが、クールボックスに入れれば、持ち出し可能のものが増えますね。

お弁当を考える際にも、彩り、栄養価は是非考慮したいものですが、よくあるのが、「赤、黄、緑」弁当。
黄色ゾーンに「ごはんやパン」の「主食」、赤色ゾーンに「肉や魚」の「主菜」、緑色ゾーンに「野菜中心」の「副菜」。これを考えながら準備すると抜群のお弁当ができるはずです。
そして、みんなでワイワイ楽しむ行楽弁当の中で、意外なほど人気を博するのが「締めの一品」
「スウィーッツ!!!」は女の子に限らずデザートは嬉しくホッとするものですね。
秋らしくサツマイモや栗を用いたスイーツもこの時期は満載なので、市販品でも手作りでも楽しめそうですね。
「行楽弁当」を食べるのも楽しみですが、作るのも楽しめると良いですね。

(管理栄養士  T.K)
| ghkenko | 季節(秋) | comments(0) | trackbacks(0) |
中秋の名月
9月の十五夜(陰暦の8月15日)はお月見ですね。
これは中国の暦に由来するもので、日本ではさらに陰暦の9月13日にも月見をする習慣があります。
8月15日の月は「中秋の名月」、「十五夜」、「芋名月」と呼ばれています。お月見の日には、おだんごやお餅(中国では月餅)、ススキ、サトイモなどをお供えして月を眺めます。
9月13日にも月見をする風習があり、こちらは「十三夜」、「後の月」、「栗名月」、「豆名月」とも呼ばれています。十三夜には、月見団子の他に栗や枝豆をお供えします。
十五夜と十三夜は同じ場所で見ると、良いことがあると言われていますよ。
ちなみに、今年は十五夜が9月25日、十三夜が10月23日です。

最近はお月見といっても、月見団子をお供えするだけの家庭が多い様ですが、数十年前までは各地で様々な行事が行なわれていたようです。
日本版ハロウィンとも言うべき「お月見どろぼう」という風習もあるようです。
軒先や玄関に月見団子を縁側にお供えし、それを子どもたちが盗み食いします(団子は多く盗まれた方が縁起が良いそうです)。最近では、子どもたちにお菓子を配るとか・・・。

しょくほう さといも粉 50g*4袋
しょくほう さといも粉 50g*4袋

サトイモは米が伝わる前の日本の主要作物でした。
サトイモの代表的なレシピは・・・煮ころがしや、田楽など。
独特のえぐみがあって、皮をむくと手がかゆくなりますね(TT)塩を手につけてむけば、かゆくなりません。
主成分はでんぷんですが、いも類のなかでは低カロリー。たんぱく質やビタミンB1、カリウムも含んでいます。

古来の日本人のように、美味しい農作物に感謝の気持ちをこめて、中秋の名月を楽しんでみてはいかがでしょうか。
江戸では隅田川の河口近くや深川、品川、高輪、駿河台あたりがお月見の名所として知られていたようです。
お散歩(ウォーキング)をしながら、お月様を楽しむのも気持ち良さそうですね。

(管理栄養士  T.K)
| ghkenko | 季節(秋) | comments(0) | trackbacks(2) |
敬老の日
9月15日は敬老の日・・・というのは、2002年まで。
「ハッピーマンデー」制度で、体育の日、成人の日と同様、9月の第3月曜日に設定されるようになりました。
最初は、「としよりの日」(1954年)という名前だったとか・・・。
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としているそうなので、このネーミングは・・・(^^;)
ちなみに15日は「老人の日」、15〜21日は「老人週間」となったそうです。

さて、「老人」というのはだいたい何歳以上のことなのでしょうか?
老人福祉法の規定では70歳以上。国民年金は現在は65歳が受給開始の規準ですが、60歳だったり、70歳だったり。
60歳でかなり老け込んでいる人もいらっしゃれば、80歳で中高年並みの肉体を維持している方も・・・。
これは主として本人の生活習慣による差といわれています。
健康的な肉体と精神を維持するには、若いうちから健康な生活を意識していくことが大切!ってことですね。

「敬老の日」にちなんだ特別なお食事はないかも知れませんが・・・。
口腔内の状態や消化機能がやや衰えていらっしゃるお年寄りにあった食事形態を、ご家族で楽しみながら、健康についてでも語り合ってください!

おすすめは
やわらかく煮込んだ野菜たっぷりのおかずや旬の魚を使ったあっさり味の魚料理。
お口にもやさしいふんわりやわらかな卵と豆腐のおかずや懐かしい味のするデザートなど。

例えば
☆金目鯛の野菜あんかけ
白身系のお魚と、彩りよくお野菜をたっぷり使うメニューです。
お野菜は、卵白でとじて、電子レンジで蒸しても楽チンですよ。

☆さつま芋と豚肉のこっくり煮
   やわらかい甘みと深みのある味わいが喜ばれます。

☆ 納豆汁
栄養価も高く、体があったまります。お葱をたくさんはなつと彩りも良くなります。

☆寒天寄せ
   喉ごしの良いものをデザートに。水分が不足しがちなお年寄りにはぴったりです。 
りんごのすりおろしは自然な甘みで消化にも良いです。

(管理栄養士  T.K)



敬老の気持ちをこめて、健康グッズのプレゼントを〜
| ghkenko | 季節(秋) | comments(0) | trackbacks(0) |