無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
夏の風物詩「スイカ」
やっと梅雨明けしましたね。
暑さと紫外線で夏バテしやすい時期には、旬を迎えた食材を利用して、健康をサポートしていくのが乙!

スイカの主成分は、ほとんどが水分(91%)と糖質(7.9%)。
この糖質は、果糖とブドウ糖でエネルギーに素早く変わるため、夏バテで疲れた身体への水分補給、エネルギー補給にはぴったりです。

以前に「デトックス」のお話をしましたが・・・知らないうちに体内に入った有害物質を血液中から濾過したり、体内で発生する毒素を排泄する役目を担っているのが、肝臓でした。
スイカには、グルタチオンという成分が含まれていて、そのグルタチオンは、有害物質を体内で解毒する肝臓の機能を強化する作用があるようです。

また、スイカを食べると利尿作用が高まりますが、むくみをとり、腎臓病、膀胱炎、高血圧の予防などに効果も期待されています。
果汁を煮詰めた氷アメ状のすいか糖は、昔から腎臓病に効果があるとされていたようですよ。

川端のすいか糖エキス
川端のすいか糖エキス


お肌に大敵の紫外線がキツクなってきましたが・・・スイカには、美白関係の美容業界でも注目されている「リコピン」がたっぷり含まれています。
ヨーロッパのことわざに「トマトが赤くなると医者が青くなる」というのがありますが、トマトのリコピンからのものですが、スイカに含まれているリコピンの量は、一般的な生食用トマトより多く含まれています。

また最近、強力な抗酸化成分である「シトルリン」もスイカに多いことがわかりました。リコピンとシトルリンのW効果で、スイカの抗酸化活性は、トマトの1.7倍になると報告されています。

スイカローション(すいか由来シトルリン配合化粧水) 180ml
スイカローション(すいか由来シトルリン配合化粧水) 180ml

他にも微量ながら、免疫力を高めるβ-カロチン、疲労回復に役立つビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、リン、鉄等のミネラルなどの成分も含んでいます。

果糖は冷やすと甘みが際立ちおいしいのですが、スイカには体を冷やす作用もあるので、冷え性の人やお腹が緩い人などは、食べ過ぎに気をつけください。
中国では、スイカは、捨てるところがない果物とされ、皮は漬けもの、酢のもの、種は塩で煎り、お茶やつまみにされたりするそうです。

利尿作用は、果肉より皮が強いと言われています。日本でもきゅうりの漬物やうりの漬物と同様に皮をお漬け物にしたりしていますよね。

捨てるところがない「スイカ」で、夏バテ解消を!

(管理栄養士 T.K)
| ghkenko | 季節(夏) | comments(0) | trackbacks(1) |
ビールのおいしい季節
ビールのおいしい季節になってきました!

暑さと比例するように、炭酸の清涼感で、ビールの消費量が多くなりがちではないですか?

「ビール腹」というように、「ビールを飲むと太る」という説がありますが・・・

大びん1本当たり約250kcalですが、このカロリーの多くの部分はアルコール由来で、アルコールのカロリーは血行促進や体熱上昇などに消費され、パンや米などの炭水化物のカロリーと比較すると、グリコーゲンや脂肪となって身体に蓄えられることは少ないとも言われています。

ビールを飲む時食欲が進む(塩辛いもの脂濃いものを食べすぎる)ことに原因があるかもしれませんね。

ビールに含まれている炭酸ガスが、胃液の分泌を促進し、胃の働きを活発にさせ、さらにホップの苦味物質(イソフムロン)が消化を助け、食欲増進に効果があるようです。
なんと、ヨーロッパには回復期の病人の食事向けにつくられたビールもあるそうです。ビールが、食欲増進と吸収されやすい栄養物として認識されているんですね。

スーパービール酵母Z
スーパービール酵母Z

ビールの代表的な栄養成分は、炭水化物、たんばく質、ビタミン、ミネラル、そして食物繊維も含まれています。
各成分の量はビールの種類によって変わりますが・・・ビタミンではビタミンB群が多く、これらは「麦芽のもとになる大麦」や「酵母」由来です。
また、ビール中のたんぱく質には、私たちの体に重要な必須アミノ酸(体内で作ることが出来ず、毎日の食事からバランスよく摂らなければならないもの)も含まれています。

アルコールのほとんどが肝臓で分解されるのですが、一般に体重60〜70kgの人の場合で、大びん1本のアルコール処理には約3時間かかる計算です。
肝臓で分解されるまで、血液で脳に運ばれたアルコールは脳の神経細胞に作用し、マヒさせ、いわゆる「酔った」状態にします。ストレス解消程度の「ほどよい酔い」には、ビールの低アルコールは良いのではないかと思います。

ただ、科学的根拠からもビール大びん1本までが目安とされています。それ以上飲むと、いろいろな疾病要因につながるので・・・ほどほどに。
適量を心がけて、おいしいビールを楽しみましょう!

(管理栄養士 T.K)

クラウスターラー(瓶) 330ml*24本
クラウスターラー(瓶) 330ml*24本
ノンアルコールのビールです。
| ghkenko | 季節(夏) | comments(0) | trackbacks(6) |
ビールのおつまみに枝豆!
「ビールのおつまみに枝豆!」の季節になってきました。
今日は「枝豆」について。

枝豆は大豆の若い種子。
嬉しい事に、枝豆は「豆」と「野菜」両方の栄養特徴がある優秀な食材なんです!

大豆は「畑の肉」と言われているように、枝豆も、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれ、さらに大豆にはないビタミンA、ビタミンCも含みます。

特に、大豆になるとなくなってしまう枝豆のビタミンCは、熱に強く、加熱しても健在!ビタミンAは、塩茹する際に少し油を落として茹でたり、味付けの際に少し油を加えることで吸収率が80%も上がるそうです。

そして、タンパク質のメチオニンという物質は、ビタミンB1、ビタミンCとともにアルコール分解を助けて、肝機能の負担を軽くすると言われています。さらに、むくみの原因となるナトリウムの排出を助けるカリウムも多く含みます。
「ビールのおつまみに枝豆」のゆえんも納得ですね。

他にも、脂肪の代謝に役立つビタミンや、女性ホルモンを補う期待もあるそう。

最近では、米・大豆・野菜を中心とした日本本来の食生活は、メタボリックシンドローム予防に良いと考えられ、「豆腐」は「Tofu」と北米・ヨーロッパでも人気がありますが、「枝豆」も急激に人気が出ているそうです。

日本人のようにシンプルに食べていないことが多く、結局、脂質が高そうですが・・・(^^;)

三育 飲む大豆ココア 180g*20袋
三育 飲む大豆ココア 180g*20袋

シンプルに!というと・・・、皆さんは、塩茹で枝豆派?焼き枝豆派?
私は、楽チン「塩茹で派」です。

でも、茹で上がりは、水をさらしてうまみを逃してしまわないように、団扇で扇いでいます・・・と言いたいところですが、扇風機の前においています(笑)

ちょっとアレンジして・・・「枝豆の冷製スープ」も夏は大活躍です。

薄皮をむいた枝豆とコンソメスープと牛乳とS/Pなどをミキサーにかけて、冷やしておくだけでOKの楽チンメニューです。コク好きの方は、生クリームを加えるのがお勧めですが・・・我家は「低脂肪乳」(^^;)

森永ベビーフード えびだんごと枝豆のクリーム煮 80g*2
森永ベビーフード えびだんごと枝豆のクリーム煮 80g*2

おいしいく栄養満点の「枝豆」を楽しみましょう!


(管理栄養士 T.K)
| ghkenkouser | 季節(夏) | comments(0) | trackbacks(3) |
熱中症に気をつけて!!
熱くなってきましたねバッド
熱中症は聞いたことがあるかと思いますが、
2005年のデータでは、都内だけで900人ほどの方が救急車で運ばれたとのことです。
救急車を呼ばないまでも、クラッとした経験は皆さんもあるかもしれませんね。
今回は「熱中症」の対策について、ご紹介します。

ポカリスエット ペットボトル 500ml*24本
ポカリスエット ペットボトル 500ml*24本

「熱中症」とは、
高温下での運動や労働のため、体温上昇、発汗停止とともに
虚脱・けいれん・精神錯乱・昏睡冷や汗などを起こし、
生命の危険を伴うこともある症状です。

しかし、運動や労働をしていなくても、
気温が30℃以上と高く、さらに湿度が75%以上といった状況では、
発汗汗による温度調節も難しくなり、熱中症になる危険性があります。

そこで大切になってくるのが水分補給ですぴかぴか
単に水を飲んだだけでは、体には吸収されません。
今日は、上手な水分補給の方法をご紹介します嬉しい

1基本は、喉が渇いたなぁ…と思う前に水分を摂りましょう。
 喉が渇いたと思ったときには、既に脱水状態になっています。

2市販のスポーツドリンクを2倍に薄めたものを、1度に約200ccずつ飲む。
 塩分0.1%〜0.3%、糖分2.5%〜3.5%含まれている飲料が体に吸収されやすいと
 されています。

35〜13℃程度の冷たさのものを飲む。

以上の3点を守って摂取を心掛けると、効率的です。
食生活・水分補給に気をつけて、夏を元気に過ごしましょう船

(管理栄養士 入澤美砂子)

VAAM ヴァーム ウォーカーペット 200ml*30本入り
VAAM ヴァーム ウォーカーペット 200ml*30本入り
| ghkenkouser | 季節(夏) | comments(0) | trackbacks(6) |
日焼け
「小麦色の肌は健康のシンボル」なんて思っている人も少なくないのでは?!
日焼けは「日光皮膚炎」という、やけど!
紫外線による影響「光老化」がシミやしわの原因になるそうです。
さらに、紫外線UVBがDNAを損傷し続けると、皮膚がんのおそれがあるともいわれています。

これからの季節、梅雨だって紫外線量は馬鹿にできません。
紫外線は目に見えない。暑さとも関係ない。
「1回の日焼けは100回の美白より手強い!」と毎日洗濯物を干しながらおどおど・・・。
日焼けはアンチエイジングの敵ですよね。
(女性のみならず、最近はお子様の日焼けも心配されていますよね)

美白と聞くと、何を思い出しますか?
よく化粧品ではビタミンCやビタミンEを目にしないでしょうか?

そこで、「ビタミンCとEのダブル効果」で、明るく健康的な肌を目指せ!

ビタミンCはメラニンの生成を抑えて、肌の明度をアップさせ、ビタミンEは血行を促して肌の血色を良くし、明るく健康的な肌へと導きます。
また、ビタミンCは、ビタミンEの抗酸化作用をアップ、肌にハリをつけるコラーゲンの合成、副腎皮質ホルモンの合成促進、鉄の吸収を高めるなども期待でき、体の生理機能にももちろんとても大切なんです。

ビタミンCの多く含まれる食品
  レモン、アセロラ、キウイ、いちご、大根、白菜、じゃがいも、トマト、にんじん など
ビタミンは時間がたつと徐々に減少していきます。新鮮な食品を購入し、保存は短期間がおすすめです!
熱に弱いので、ゆでる蒸す場合は短時間で、炒め物は汁ごと食べれるような工夫を!

トランスダーマC ビタミンC セラム 30ml
トランスダーマC ビタミンC セラム 30ml

(タバコを吸う方は、体内でのビタミンC消費量が高く、ヘビースモーカーは非喫煙者の2倍量が必要になるそう、喫煙は身体の免疫力を低下させ、老化を促進するといわれている。また血管収縮やビタ ミンC破壊が促進され、シミやシワ、肌荒れの原因に。いつまでも若々しい健康的な素肌のためにも、禁煙おすすめ!)

ビタミンEの多く含まれる食品
植物油(小麦胚芽油、大豆油他)やアーモンド・ナッツ類、あんこうやたらこ類など
ビタミンEは、酸化しやすいので、植物油であれば、サラダのドレッシングにして加熱しないでそのまま食べると効率よくビタミンEを摂取することができます。
またビタミンCと一緒にとると、抗酸化作用が一層高まって、老化防止!


VITAMIN WORLD トコトリエノール ファミリー 180粒
VITAMIN WORLD トコトリエノール ファミリー 180粒

次回は、「実年齢より若く見られたい」ハリのある肌を保つための食事のポイントをご紹介します
(管理栄養士 T.K)


| ghkenko | 季節(夏) | comments(0) | trackbacks(40) |
梅雨のオススメ<アロマテラピー>
人間は古くから香りを生活に取り入れていました。
ナチュラルな植物のパワーをわかっていたのでしょうか嬉しい
ところで、アロマセラピーとは何でしょう???

アロマ(Aroma・芳香)とセラピー(Therapy・療法)
を合わせた造語です。
香りの作用を効果的に利用する方法ですかわいい

じめじめ梅雨あめに殺菌作用のあるエッセンシャルオイルを紹介します。
・ペパーミント 優れた殺菌力、抗ウィルス、消臭
・ユーカリ 殺菌、消毒、消臭、虫よけ
・ティートリー 殺菌、消毒、消臭
・レモン 殺菌、消毒、消臭、窓ガラスの汚れ落ち

GAIA ペパーミント 5ml
GAIA ペパーミント 5ml
GAIA ユーカリプタス 5ml
GAIA ティートゥリー 5ml
GAIA レモン 5ml

次に、とっても簡単な利用方法をご紹介しましょう。
<ハウスケア>
拭き掃除をするときに
エッセンシャルオイルを3滴をバケツの水にいれ雑巾をしぼる。

または掃除用ワイパーシートに1〜2滴たらし、床掃除をする。

洗濯のすすぎの時に4〜5滴たらすと衣類に殺菌になる。
(色のないエッセンシャルオイルを使ってください)

<消臭スプレーを作る>
・無水エタノール 35ml
・エッセンシャルオイル(お好みのもの) 15滴
・精製水 65ml
まず、スプレー容器に無水エタノールを入れてエッセンシャルオイルを入れ水を加える。
ゴミ箱や三角コーナーにかけたり、ふき取り掃除に、玄関や靴箱にもオススメです。
撃沈このスプレーは直接肌につけるものではないです。

無水エタノールP 500ml大洋 ワンタッチ精製水 (ポリ) 500ml
無水エタノールP 500ml
大洋 ワンタッチ精製水 (ポリ) 500ml

エッセンシャルオイルは原液を肌に直接つけないようにして下さい。
妊娠中や乳幼児、高血圧の方は使用を避けてください。

(管理栄養士 小島恵実)








| ghkenkouser | 季節(夏) | comments(1) | trackbacks(6) |