無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
さよなら5S
最近ではすっかり「食育」という言葉が定着していますが、食育の先輩格のアメリカでは1980年代から不健康の原因となる「5S」を減らし、絶つ運動が続けられています。

「5S」とは・・・
 ̄(salt)
∈重(sugar)
4嵜(snack)
さ扮譟smoking)
ズ造蠅辰僂覆掘sitting)

 銑に関しては、毎日の食生活からしっかり意識していきたいですね。
日本人の塩分摂取目標量は10g未満。昔よりは随分と塩分摂取量が減りましたが、現在でも約12g程摂取しています。もう一声?! 是非、減塩を!
最近では、甘さ控えめの製品も随分とありますが、お砂糖の取りすぎは肥満や虫歯につながるので要注意です。
間食に関しても、おやつは量と質を考えてみましょう。低糖低脂肪の手作りとまでは言いませんが・・・ジャンクフード漬けは避けましょう。

い里燭个海蓮◆嶝蝋ド福廚任呂覆「死向品」とも。
アメリカでは1970年にたばこの広告規制が実施されました。これと同時に幼稚園、小学校、中学校の健康教育に禁煙学習が導入されたそうです。
日本は、これに4半世紀以上も遅れをとっていますが、2000年に10年計画「健康日本21」のなかで、国内のたばこ消費量と喫煙率の半減という具体的な数値目標を定めた運動が始まりました。
東京都内でも、レストランでは分煙が定着していますし、路上での歩きたばこをしないような運動も定着しつつあります。マナーではなく、ルールになってきているんですね・・・。

そして、運動量が減少しつつある現代・・・。
確かに、座る時間が増え、手だけを動かし立ち上がって何かをすることが少なくなったように思います。こまめに立ち上がり動くように日々気をつけましょう!

今年も健康に過ごせるように、「さよなら5S」を改めて意識してみましょう!

(管理栄養士  T.K)
JUGEMテーマ:健康
| ghkenko | 健康 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gh-kenko-blog.jugem.jp/trackback/73